スポンサードリンク



 

こんにちは、主夫の克です。

すこしアクセントが欲しい、緑がほしいって人にうってつけなのが、観葉植物です。

  • 観葉植物ってそだてるの難しいんじゃ
  • 虫が湧きそう

そう思ってる人もすくなからずいるはずです。

今回はその二点をクリアした植物と方法がありますので早速お話していきましょう。

多肉植物

育てやすい植物とは、多肉植物の事です。

種類も様々で、サボテンとは違いとげの心配をせずに選ぶことができます。

多肉植物が育てやすい理由

多肉植物は水分が多いので、頻繁に水を上げる必要はありません。日光を当てすぎると育ちすぎる為最低限の光で成長を維持できます。

用意するもの

 

 

 

 

 

 

 

 

多肉植物;なんでもいいです、僕は家に自生しているものを採ってきました。

入れ物;写真の物はココット用でのものです。底に穴が空いてるものは適しません。

ゼオライト;有害物質を取り除く、根腐れ防止用に少し入れています。無くても問題はありません。

ハイドロボール;保水力が強く、土ではないため虫も湧きにくいです。

霧吹き;水やりようです。

全て100均でそろえる事ができます。

植え方

 

 

 

 

 

 

 

 

薄くゼオライトを底に敷き詰めてください。量はいりませんので、家でアクアリウムをしていて、ゼオライトがあれば少し入れてください。

無いからと、わざわざ買う必要まではありません。

 

 

 

 

 

 

ゼオライトの上にハイドロボールを注いでください。

ゼオライトがない人はハイドロボールをドドドドドドドドドと注いでください。

目一杯入れずに、多肉植物を植えてもこぼれない程度にしてください。

 

 

 

 

 

 

霧吹きで水をかけてください。

少し湿らせた方が植えやすいのとハイドロボールに水を含ませるためです。

 

 

 

 

 

 

真ん中に植物が来るようにうえれば完成です。

最後に

多肉植物は直射日光のあたらない、光の届く場所においてください。

水は毎日上げる必要はありません。

簡単に育てる事ができる多肉植物です、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

スポンサードリンク



Twitterでフォロー

おすすめの記事

スポンサードリンク